今年4月に受けた肺の手術にかかる医療費通知が常滑市から送付された。

 その内容が次である。
 もちろん他にも複数の医療機関の利用通知が記載されているが、今回は入院時のところだけを抜粋した。


通知

 見ていただければわかるが、総額1,900,300円なのだが、患者負担がわずか35,400円である。
 もちろんこれは医療費だけでその他諸々の諸費用は保険適用外なので支出がこれだけって訳では無い。

 しかし、この額を見て驚愕したのである。
 そして国民健康保険制度に感謝したことは言うまでもない。

 もっともこれを見越して昨年に世帯分割し非課税世帯となったわけであるが。
 一般的な世帯だと高額医療制度を適用しても月間10万円は支払う必要がある。

 ところが住民税非課税世帯の場合は月35,400円となるのだ。
 正直なところ、病院での支払い時はそのまま支払い、後に還付してもらう方式を取りたかったのだが、入院時に病院側が手続きを皆してくれるというのでお願いしたのである。

 適応されないと一時的には高額の支払いが求められるので、それをクレジットカードで支払い、後で還付してもらえばクレジットカードのポイントが得られたのだが虫が良すぎるか。
 いずれにしても今回は大いに感謝している。