富山で交番の警察官を襲い実弾入りの拳銃を奪って発砲、殺人を犯すという事件が発生した。
 ここで私が気になったのは、犯人が交番を襲い拳銃を手に入れた点である。

 短絡的に考えれば、交番がなければ拳銃は手に入れられなかったということである。


 私がもし拳銃を手に入れようと思ってもどうしていいかわからない。
ただ、警察署や交番に行けば拳銃が置いてあるということは容易にわかる。


 ということは

 手っ取り早く拳銃が欲しい → 人数の少ない交番なら比較的容易に手に入れられる。


 というような図式が成り立たないか。


 今回の事件でも、近くの小学校が危険にさらされた。

 大勢の児童が危険にさらされたわけである。

 男性の教諭がさす股をもって対抗したとしても、ナイフになら有効かもしれないが、拳銃相手では有効手段になるとは思えない。


 このことから、本当に極端な話だが、小学校の近くに交番が存在しなければ自動が拳銃の危険にさらされることはなかったであろう。


 最近の凶悪事件をみていると、従来は抑止力と考えられていたことが抑止力にならない時代になってしまったと思われてならない。